Skip to content

ACミランのディエゴ・ロペスについて

ディエゴ・ロペス

ディエゴ・ロペス、1981年にスペインガリシア州ルーゴ県パラデーラ出身のサッカー選手であります。レアル・マドリードのクラブにカンテラ出身しました。2005-2006シーズンにデビューし、2試合99分に出場しました。UEFAチャンピオンズリーググループリーグのオリンピアコス戦に出場しましたが、リバウドなどに得点され、1-2で敗れました。この試合はファン・ラモン・ロペス・カロ監督が初めて指揮した試合でした。スペイン代表の正GKでもあるイケル・カシージャスの存在もあり、レアル・マドリードでの試合出場は限られたものです。

ディエゴ・ロペスは出場機会を求めて、2007年夏に移籍金600万ユーロでビジャレアルCFへ移籍しました。シーズン序盤こそセバスティアン・ビエラの控えという扱いだったが、シーズン中盤に出場機会を得るとそのままレギュラーを奪取しました。2008-2009シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではグループリーグ5試合と決勝トーナメント4試合に出場して、マンチェスター・ユナイテッドFCとの2戦を無失点に抑えるなど安定した守備を見せました。2013年3月5日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のセカンドレグでは、怪我のカシージャスに代わりマンチェスター・ユナイテッドFC相手に先発出場しました。セルヒオ・ラモスのオウンゴールで先制点を献上するものの、その後は好守を連発して敵地オールド・トラッフォードで2-1の逆転勝利に貢献しました。これに対しマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、「あの試合ではD・ロペスが違いを生み出して、レアル・マドリードを救った」と評価しています。

 

ディエゴ・ロペス

2009年3月28日のトルコ戦でスペイン代表に初招集されました。トルコ戦での出場機会はなかったものの、FIFAコンフェデレーションズカップのメンバーに登録されました。8月13日、親善試合のマケドニア共和国戦でホセ・マヌエル・レイナに代わって後半途中から出場して、代表デビューを飾りました。2014年8月14日ミラン、レアル・マドリードからGKディエゴ・ロペスを4年契約で獲得しました。

 

ACミランユニフォームは激安販売しています。ディエゴ・ロペスのユニフォームを購入したかったら、こちらへ!

ACミランユニフォーム 購入

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です